審査は厳しいけど金利が低いのが銀行カードローンです。

カードローンの広告を見ていると、通常の消費者金融より安い金利があります。これは銀行が行っているカードローンです。

銀行は管理する法律が違う為、消費者金融とは違い規制が少ないのです。

それに銀行のカードローンの審査は比較的厳しい為、破綻してしまう契約者の割合が少ないのも理由としてあげられます。

また、消費者金融腕は融資出来る金額に法的な制限がありますが、銀行にはこれがありません。

その為、銀行カードローンなら比較的大きな金額を融資してもらえる可能性があります。

小さな稼ぎを沢山作るよりも大きな稼ぎがある方が商売としては有利になりますから、銀行のカードローンは比較的安い金利を適用する代わりに、大きな金額を貸すスタイルをとっていると言えます。

といっても、最近のカードローンは1万円から借りられるところもありますが。

一方、消費者金融の中には他社の契約者を獲得する為の安い金利が準備されている場合があります。

おまとめローンや、のりかえローンといった商品です。

これは他の消費者金融の債務を自社で借り換えてくれる人に対して、特別な金利を適用する事で誘導しているのです。

しかし、大抵の場合は1%程度の金利差でしかありません。

1%の金利は馬鹿にはできませんが、元が高金利のカードローンの場合はあまり変わりません。

そして、現実にはその金利差を理由に借り換えしてくれる人はあまり多いとは思えません。

カードローンをまとめて返済を楽にするのならば、銀行などの有担保の借り換えローンで金利をかなり下げなくては効果は少ないのです。

消費者金融同士の借り換えは、焼け石に水な場合が多いという事を覚えておきましょう。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象