女性でも「使ってみよう!」と思えるようなイメージ広告戦略です。

レディースローンは女性向けの融資システムですが、その中身は特に女性に特化されている訳ではありません。

契約の申し込み対応の窓口が女性オペレーターによって対応される事以外は違いはないのです。

通常のカードローンは男女の区別をしていませんが、それでは女性にとって敷居が高く感じられる部分を補う為に準備しているに過ぎないのです。

実際の生活の場面では、日々のお金の動きを管理するのは女性が多いと思います。

その中で一時的な資金の不足もあるかもしれません。

大抵の人はそれに備えて預金もあるのですが、タイミングによっては利用できない場合もあるでしょう。

人々が生活をしていれば、お金が足りない場面は必ずおきますし、それに対応する為の資金需要はなくなる事はないのです。

そういう意味では、女性の方が少額の資金需要は豊富と言えるのかもしれません。

しかし、女性は借金やサラ金に対して良いイメージを持っている人はいません。

過去に利用した事があっても他人に公言したりしませんし、できるだけ近づかないようにしている人も多いと思います。

こうした現実を幾らかでもやわらげる意味で、「女性専用」を謳ったレディースローンが存在しているのです。

なんとなく女性専用のカードローンならば利用しやすいかもしれない、女性同士の対応ならばこちらの気持ちを理解してくれる、と感じてもらえるような広告戦略の一環なのです。

中には女性顧客獲得を狙ってレディースローン独自のキャンペーンを行う金融業者もありますが、契約後の中身に関しては基本的に通常のカードローンと同じであるという事を覚えておく必要があるでしょう。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象