より多くの利用者を獲得しようとするイメージ戦略です。

レディースローンとは言葉上の意味では女性向けの融資という事になります。

しかし、多くの場合、この言葉を使うのは消費者金融であり、その内容は無担保のカードローンや融資システムを表しています。

通常の銀行での融資には男女の区別をしていませんし、特に性別を特化する意味も少ないと考えられますのであまり用いられる事はありません。

ですから、レディースローンとは女性向けのカードローンだといっても問題無いと思われます。

カードローンとは審査によって融資限度額を設定し、その範囲内であれば自由に借り入れができる融資システムのことです。

大抵の場合は、専用のカードが発行されることからカードローンと呼ばれています。

カードローンと同じ意味でサラ金、無担保ローン、キャッシング等と呼ばれる事があります。

消費者金融はあまり良いイメージがなく、女性の利用者にとっては近づき難い感覚があると思います。

そこで、女性でも利用しやすいイメージ戦略として女性向けの商品を提供しているのです。

女性向けのソフトなイメージでサービスや商品を紹介する事で、今までよりも敷居を下げて利用者を獲得しようという意図があります。

現在ではカードローンは消費者金融以外の銀行や銀行グループ傘下の消費者金融が経営しており、以前と比べると広く認知されてきています。

しかし、その本質が借金であるというマイナスイメージが付きまといますので、一定以上の評価を受ける事は難しいようです。

特に女性は感覚的な面が強く、悪いイメージを持つ物に近づきませんので、レディースローンという女性だけに向けて打ち出すことは重要な広告戦略と言えます。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象