今はウェブから申込む時代なので、女性の電話対応はほとんど意味がありません。

レディースローンの電話申し込みは、全ての対応が女性によって行われます。

男性から見れば、女性が対応する事と男性が対応する事に何の違いも感じられません。

何しろ顔も見えませんし、個人を特定できない人との関係など気にもならないはずです。

しかし、女性の場合はそうとは感じないようです。

ある大学教授が生物学的な男女の違いを説明する時に「女性は共感と同意の生き物である」と言っていました。

確かに、本当に共感しているのかは別として、女性同士の会話には共感が含まれています。

相槌を売って相手の話を受取り、適宜共感する言葉を発するのです。男性はあまりしない行為です。

むしろ嘘の共感は男性にとって後ろめたい気持ちになるのでしない人が多いのですが、女性はその場の雰囲気に合わせて共感を上手に利用しています。

ローンの申込時にどこまで共感が必要なのかは分からないのですが、相手が女性であるという事で、物事の進行がスムーズに感じるのかもしれません。特に女性同士の会話にはその場の雰囲気を壊さないような共感が含まれると考えれば、女性は男性に対応されるよりも女性に対応されることを望むかもしれません。

そして消費者金融が実際に窓口を女性用に特化している訳ですから、実際にそう考える女性は多いと考えてもおかしくはないでしょう。

まして、多少なりとも悪いイメージがある借金という行為をする時の後ろめたさを共感してくれる対応は、ある意味で理解者を得ていると感じるのかもしれません。

しかし、昨今では電話申込よりもパソコンやスマホでウェブから申込む人が圧倒的に多いので、女性が対応する意味はほとんどなくなっています。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象