今はカードローンだけでなくクレジットカードの発行でも会社に在籍確認の電話が来る時代です。

カードローンの契約をしようとする時に必要とする書類があります。

まずは身分証明としての免許証やパスポートです。どちらも持っていなければ住民票など複数の書類が必要になります。

そして、収入を証明する書類です。通常は給与明細を直近で3ヶ月分等と言われると思います。

この辺は金融機関によって若干の違いがある為、ホームページ等の案内を調べておくと良いと思います。

電話での申込の場合は準備する書類を教えてくれますので従いましょう。

そして、次に来るのは在籍確認の電話です。

これは収入がある人に契約をするという前提の為、申告された勤務先に本当にいるのかをチェックするのです。

アルバイトやパートであっても在籍確認はありますので、職場によっては事前に行っておいた方が良いと思います。

電話は消費者金融を名乗ってかかってくる事はありません。

分かりにくい会社名を名乗ったり個人名で電話が来ますので、在籍確認の電話でカードローンの申し込みが勤め先に分かってしまうような事はありませんから安心して下さい。

現在はクレジットカードの申し込みも在籍確認が行われますので、会社で何か聞かれたら「新しいクレジットカードを作った」などと言っておけば問題ないと思います。

また、必ずしも電話に出れない場合でも在籍が確認できれば問題ありません。

ライン作業などで電話対応は無理の場合や営業で外回りをしていて電話に出れなくても、在籍さえ確認できれば良いのです。

また在籍確認の電話がなくても契約できるといった話がありますが、これに関してはあてにするのはやめておきましょう。

金融機関側は在籍確認をするという立場ですので、ないことを前提にして行動をすると契約できない場合があります。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象