大抵の場合は、上限金利での契約になります。

カードローン会社のホームページを見ていると気付く事があります。

金利(実質年率)の表示が4.8〜17.8%というような幅のある表示になっているのです。

これは銀行なども同様です。

では何故このような幅のある金利表示をしているのでしょうか。

正確な理由は私も知りませんが、予測は付きます。

このような表示があれば、自分に適用される金利は少し安いかもしれないという期待が生まれます。

これを希望的な観測と呼びますが、人は得てしてこのような楽観的な予測をするものです。

実際は、50万円以下の融資ならほぼ全ての人が上限金利での契約となります。

利息制限法の規定がありますので、融資残高によって適用される金利は変わるのですが、それでも上限金利付近を適用しているのです。

そして、消費者金融系のカードローンの場合は、まず安い金利というのは適用されませんので覚えておきましょう。

一部の銀行が行っているカードローンの場合は状況が違います。借りる金額が大きくなればなるほど金利は低くなります。

金利に幅があるもう一つの理由は大は小を兼ねるという理論です。

金利表示に幅があれば、それは色々な対策に利用できます。

たとえば、カードローンを利用しないような資産家の方に、ノルマ達成の為に契約したいと考えれば、下限金利を利用して特別な契約をする事ができます。

どのみち融資する事は無いでしょうから、下限金利でも問題ありません。手段が選択できると作戦が増えるのです。

我々一般人には関係無い話なのですが、選択肢は多い方が良いのかもしれません。


プロミスなら初めの人なら30日間無利息 »

※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象